2009年07月09日

サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜

TRICKの堤幸彦監督の作品です。
元々プレステ2のゲームが実写化された作品です。

監督:堤孝彦
主演:市川由衣、田中直樹、阿部寛、 西田尚美、森本レオ

1590年アメリカ。ロアノーク島で島民全員が突然失踪。島には乱闘の跡も無く、唯一手掛かりとなったのはある家の柱に残された「Croatan」という文字だった。

1872年大西洋。以前に海上で突如失踪したマリー・セレスト号が発見されるが、乗組員の姿はなく船室に残された航海日誌には「12月4日 我が妻マリーが」と唐突に終わっていた。

そして1976年、日本の夜美島。嵐の夜に全島民が消失し、保護された男・土田圭は狂ったように「サイレンがなったら外に出てはならない」と繰り返し叫んでいた。

29年後、天本由貴はフリーライターの父・真一と弟・英夫と共に、体の弱い英夫の転地療養の為、夜美島に引っ越してきた。そこで由貴達を待っていたのは、異様な島の空気だった。島に根付いた奇妙な文化と伝承。島の中心部に聳え立つ謎の鉄塔。しかも由貴達は余所者ということで島民達から冷たい視線を浴びせられる。しかし隣人の里美や島の医師・南田豊の助けもあって、徐々に島の生活に慣れていった。だが、その時から島に不穏な空気が漂い始める。

ある日突然島にサイレンのような轟音が鳴り響いた。気が付けば外には何か邪悪な気配が感じ取られる。由貴は得体の知れない恐怖に怯えながら、里美が教えてくれた島暮らしの指針を思い出していた。「夜は出歩かない」「近所付き合いは大切にする」「森の鉄塔には近付かない」、そして「サイレンが鳴ったら外に出てはいけない」。次第に不安になってきた由貴は信頼する南田医師と共に島の秘密を探り始める。
しかし、その「秘密」は決して暴いてはならぬ「禁忌」でもあった……。



続きを読む
posted by ジョネス at 14:43| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホステル

クエンティン・タランティーノ制作総指揮と三池崇史が主演しているということで見ました。正直、どんな話か知らずに借りたのですが、残酷悲惨この上ない映画でした。

話しの内容は、バックパッカーをしながらヨーロッパ旅行をしているアメリカ人のパクストンとジョッシュ。途中で加わったアイスランド人のオリーも加わり、ドラッグやったりとナンパしながら、快楽と刺激を求める旅はエスカレートしていく。

アムステルダムに滞在中に知り合ったアレックスの紹介で、スロバキアのブラティスラヴァにすべての快楽を提供するホステルがあるという話を聞き、やがてそこにたどりつく。辿り着いた先は…。

以下ネタバレ。

続きを読む
posted by ジョネス at 14:13| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

最近見た映画

■LAST DAYS

1980年代に活躍したロックバンド、ニルヴァーナ。
ボーカルのカート・コバーンの最後の2日間を描いた映画です。

正直、曲は「smells like teen spirit」しか知らないのですが、
もうちょっと予備知識を知ってから見ればよかったと思いました。

映画の率直な感想ですが、何かドラマが起こるわけでもなく、ひたすらと淡々としています。この淡々さと空虚さを味わうドキュメンタリー映画でした。


■座頭市

北野武監督の座頭市。

盲目の侠客である座頭の市が居合仕込みの杖を持って諸国を回っているわけですが、ただの勧善懲悪な映画ではない。両親を盗賊に殺されたのがきっかけで、かたき討ちをしようとしているが、日々の生活のため男を騙して旅する兄妹。

バクチで座頭市と知り合うごろつき。
かつては盗賊の親分だったが、盗賊で稼いだ資金で女郎屋を営む主人。

さまざまな理不尽さ、人間の業の深さ、人間の愛情などが様々と絡んでいて、とても面白かったです。



posted by ジョネス at 00:32| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

最近見たもの

とりあえず、めも。時間があれば感想書きます。

トランスフォーマ
ブラックラグーン
GREEN VS RED
テキサスチェーンソー
ガリレオ0
クロサギ
TRICK
ゲームセンターCX
マイボスマイヒーロー
結婚できない男

ネットでレンタルを試してみたのですが、結構見たなあ。
posted by ジョネス at 00:52| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。