2009年07月10日

投資そのものよりも

日本の優待銘柄を少しずつ増やしています。
日本株に関しては長期投資をする銘柄が見つからないため、最近では優待と配当をいかに楽しむか的な投資に代わっています。

日本株は全般的に景気連動株が多いためか、長期投資に向く銘柄が少ないと思っているのですが、例外として、小売関連はお店を増やしていけば規模が大きくなるため、スケールメリットを生かせるという点では長期投資の対象になるかもしれませんね。

そう考えると、ALサービス、上場していれば、ZOFFなど、
まだ規模が小さくてお店を増やせればよい銘柄を選別すればよいのですが、なかなか見つからないものです。

その点中国株は、所得がこれから上がる段階なので、成長する余力がありますが、リスクは日本株以上に高いと思います。また日本の証券会社だと有償増資のように権利が得られないものもあるので、その辺りが改善されるといいのですが。。。

以前に比べると投資方針はずいぶんと変わった気がします。
もっとも変わった部分は、高くなったら売ることができるようになった点ですね。

posted by ジョネス at 23:11| Comment(0) | 投資方針&失敗談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。