2009年06月29日

リスクの割には…

以前のパチ仲間は打ちにいって勝ったなんていっていますが、勝っても負けても何の関係もないし、一緒に行って相手が勝って、僕が負ければ飯くらいおごってもらうけど、僕が勝って、相手が負けると僕が飯をおごる。

その飯をおごる瞬間が、ちょっとした優越感みたいのが味わえていいんですけどね。実際はあぶく銭なので、モノに変えなきゃぱーっと消えちゃうから。

今でも昔でも節度を守って遊んできたけど、最近もうダメだなって思った。ここ数年明らかにリスクが高くなったと感じたからです。10年くらい前は5000円あれば、結構遊べたけど、今のパチンコのお金の減りは尋常じゃないんですよね。
もはやレジャーとはいえない。
僕がやめることを決意したのは、その日勝って換金所で交換していたら、お店から出てきたおばさんたちが、

「私今日5万円使って、1回もでなかった」
「私なんて、3万5千円よ」

と、いう会話だった。

ええ、あんた5万円って、3万5千円って。
わたしゃ、1万円負けたら大ショックアルネ。

5万円するなら、ゼンショー100株買って長く楽しんだほうがいいよね。パチンコはその一瞬(もちろん大きく勝つこともあるが)。リスクの割にはリターンが見合わなすぎる。それも当然で、パチンコ屋さんは商売をしているわけだから、お客の損が利益になるわけなのだから。

そんなのは百も承知なのだが、個人的には負けてもいいから、もう少し長く遊ばせてもらえればいいと思っていた。でも、今はたった数時間遊んだだけで、1万円2万円となくなり、しかも一回も当たらずは当り前の時代になってしまった。

posted by ジョネス at 23:58| Comment(0) | 禁煙と禁パチで倹約しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。