2009年06月24日

日本株、中国株に限らず。

投資方針としては、いかにキャッシュを残しておくかということ。直近の暴騰相場は終了し、いったんは調整に入ったと思う。もちろん、下がった時は、買い場なのでこれほどありがたいことはない。

ただ今までの経験上、どんなに相場環境が良くてもある一定以上のキャッシュは保管しておいた方がよいということ。現時点ではそれが悩みではあるのだが。

例えばキャッシュで保管しておけば、どんなに相場環境が良くても、暴落する株はあるわけで、確実に儲かりそうな銘柄に短期投資をするという方法。日本株であれば東証一部に上場していて、機関投資家などが売買対象としている株が良いと思う。

例えば三菱商事、ソフトバンク、ソニーなど時価総額が高すぎてこれ以上の時価総額を大きくすることは難しいが、ある一定の値幅で動いているような株に下がったときにサクッとはいって、サクッと利ザヤを稼ぐのはありだと思っています。むしろこのような銘柄はそのような投資法がよいと思ってますが。

利ざやを稼ぐのが目的であれば、日本株、中国株どちらでもいいような気がします。そのためにはキャッシュプールをしっかりと作っておかねばいけないんですが、当面はそちらが優先かな。

posted by ジョネス at 11:51| Comment(0) | 投資方針&失敗談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。